Story

ヘアサロンを営む夫婦のさくらと真。食卓に並ぶ料理を前に、「幸せになあれ」とおまじないを唱えることが日課のさくら。近く結婚パーティーを開く予定の二人だったが、さくらの父・辰夫を呼ぶか呼ばないかで言い争いになる。父子家庭で育ったさくらの胸中には、幼い頃、母を亡くした時の出来事が大きく残っていた。

一方、父の辰夫も亡き妻が残した家庭菜園の前で決意する。それは久しく会っていない娘の結婚を機に、自分の想いを言葉にしようと直接会いに行くことだった。辰夫はさくらたちのヘアサロンを訪れる。娘に、面と向かってお祝いをうまく言えない辰夫に対し、どうしても素直になれないさくらは、気持ちを高ぶらせて辰夫を追い返してしまう。真が思わず追いかけると、辰夫はそっと紙袋を差し出した。それは、辰夫自身が一生懸命に育てたトマトだった。

いよいよ結婚パーティーの当日、父の席は空席のまま。果たして疎遠だった親子の行方は――。

このページの上部へ